個別塾と集団塾

学習塾には個別指導塾と集団指導塾の2種類があります。 個別指導塾というのは生徒1人または2人に対し講師1人が授業を行なうスタイルであり、集団指導塾は多数の生徒に対し1人の講師が授業をするスタイルです。 子どもにとってどちらに通わせることがベストなのか、迷う家庭は少なくありません。

個別指導塾は、生徒一人ひとりに合ったカリキュラムが構成されるのが特徴で、不明点があればその場で気軽に質問することが可能です。 学校での勉強に付いていけない状態に陥っていても、個別指導塾ではつまずいたところから指導を受けることが可能です。 また、病気などで欠席した場合でも、振替などにより対応することができます。

一方の集団指導塾は、難関校への合格実績やノウハウが豊富なところが多くあること、個別指導塾に比べ料金が割安なこと、 ほかの生徒と切磋琢磨していける環境であり、モチベーションが高まりやすい点が魅力です。ただし、個別指導塾のように欠席での振替はなく、 休んだ日の授業は自習によって取り戻すしかありませんし、休みが多くなるとそのまま授業についていけなくなる可能性があります。 また、個別指導塾に比べて授業中に質問しにくいため、個人的に授業が終わったあとに質問するしかない場合が多いです。